お申し込み(¥8,800)はこちらから

受講可能期間はお申し込み日から60日間です。


KM-2111 確定拠出年金運用セミナー〈中級編〉

受講時にテキストが
ダウンロードできます

(KM-2111 確定拠出年金運用セミナー(中級編).zip / 2.4MB)

※ファイルはZIP形式で圧縮されています。解凍できる端末でご利用ください。

配信終了日時:2021/12/28 10:00
●動画及び講演内容についてご意見・ご感想をお聞かせください。
アンケートにご協力お願いします
 

複数の投資信託に分散投資すると、株式や債券の騰落によってバランスが崩れます。その際のバランス調整(リバランス)の手法を知り、リスクを抑えつつ収益をより上げやすくする方法を学ぶセミナーです。

●アジェンダ
1.分散投資効果の検証(金融危機の影響)
2.分散投資後のリバランス
3.リバランスにおける注意点

●再生時間:1時間43分
●収録日:2021年7月4日


●この講演動画は、日本FP協会の継続教育研修として単位申請ができます。
継続教育単位の認定には「承認番号のない研修」として、視聴した方が申請し、日本FP協会の承認を得る必要があります。弊所が単位認定を保証するものではありませんので、詳細は日本FP協会の「単位申請の注意事項」をご確認ください。

●単位申請の入力項目は以下の通りです。
1.受講日:(ご視聴された日)
2.主催者:生活経済研究所長野
3.プログラム名:確定拠出年金運用セミナー(中級編)
4.内 容:バランスが崩れた分散投資のリバランスの手法を知り、リスクを抑え収益を上げやすくする方法を学ぶ
5.課 目:金融資産運用設計
6.単位数:0.5


●講師:関口 輝(生活経済研究所長野・事務局長、AFP認定者)
損害保険の柔術士
住宅メーカーから損害保険会社への転職を経る中で、”顧客にお金の真実が全く伝えられていない現状”を目の当たりにし、生活経済研究所長野に参画。
2004年日本FP協会長野支部副支部長就任。非営利活動団体を中心にお金の真実を伝えるべく活動中。

●セミナーのご案内
 「1ch 家計の見直しセミナー」を会場で受講いただけます。
   セミナーの参加をご希望の方はこちらからお申し込みください。

ログインするとコメントをすることができます