お申し込み(¥19,440)はこちらから


失敗しない住宅購入実践塾 (第2回)~ 資金計画編「買えるもの」を買う住宅購入の実践~

受講時にテキストが
ダウンロードできます

(失敗しない住宅購入実践塾第2回(資金計画編).zip / 1.2MB)

※ファイルはZIP形式で圧縮されています。解凍できる端末でご利用ください。

住宅購入においてまず初めに取り組む資金計画について詳しく解説しています。住宅会社では教えてくれない視点で資金計画書を作成し、今後の住宅購入の指針とします。

 

第1章 正しい資金計画の作り方

第2章 資金調達とかかる諸費用

第3章 資金計画上でのコストダウン対策

第4章 資金贈与の注意点と助成制度の活用

 

「夢のマイホーム」と表現されるように住宅購入には夢がたくさんあります。だからといって欲しいものが全て手に入るのではありません。日常の買い物と同じように「欲しいもの」と「買えるもの」は違います。そこで、いったいいくらの物件までが「買えるもの」なのかを把握する必要があります。そのために、しっかりとお金の準備をします。そのお金の準備こそ資金計画なのです。

 

資金計画を作成するときの手順は総額から考えることが大切です。

 

×悪い資金計画作成手順 建物費用+土地購入費+諸経費=総額

欲しいものはいくらになるかを積算して、どうやって支払うかを考えるため、本来の支払い能力の限界を超える可能性があります。

 

○良い資金計画作成手順 総額-諸経費=建物費用+土地購入費

支払能力の限界から、いくらの物件が買えるのかを算出するため、住宅購入後も問題なく返済完了できる可能性が高くなります。

 

資金計画編では具体的な資金計画作成のために必要な知識をお伝えいたします。

【再生時間:2時間31分】
ログインするとコメントをすることができます