お申し込み(¥4,400)はこちらから

受講可能期間はお申し込み日から2022年12月23日 10:00までです。


KM- 短期・長期療養の治療と費用 後編

受講時にテキストが
ダウンロードできます

(短期・長期療養の治療と費用.zip / 1.2MB)

※ファイルはZIP形式で圧縮されています。解凍できる端末でご利用ください。

配信終了日時:2022/12/23 10:00
●動画及び講演内容についてご意見・ご感想をお聞かせください。
アンケートにご協力お願いします

≪ 前の動画                               先頭に戻る ≫
 

一般傷病における入院が短期化する一方で、うつ病を含む気分障害、悪性新生物の罹患者が増加しています。
これらは 長期の療養となりやすく、気分障害の平均入院日数は113.9日と長期化しています。
これらは特に独身者の心配事となり、これらの対策が求められています。
今回のテーマは短期療養と長期療養の両面を取り上げ、必要となる保障を考えます。

●アジェンダ
1. 一般的な傷病に備える
2. がんに備える(長期化する疾病①)

3. 心の病に備える(長期化する疾病②)
4. 保障を設計し比較する

●再生時間:38分


●この講演動画は、日本FP協会の継続教育研修として単位申請ができます。
継続教育単位の認定には「承認番号のない研修」として、視聴した方が申請し、日本FP協会の承認を得る必要があります。弊所が単位認定を保証するものではありませんので、詳細は日本FP協会の「単位申請の注意事項」をご確認ください。

●単位申請の入力項目は以下の通りです。
1.受講日:(ご視聴された日)
2.主催者:生活経済研究所長野
3.プログラム名:短期・長期療養の治療と費用
4.内 容:一般の傷病に加え、長期化する疾病の現状と経済的な対策を学ぶ
5.課 目:リスクマネジメント
6.単位数:0.5(前編・後編を視聴された場合)
●講師:塚原 哲(生活経済研究所長野・所長、CFP認定者)

保障設計運動のエグゼクティブ
精密機器メーカーに入社後、労働組合役員に就任。「組合員の可処分所得の最大化」を目的としてライフサポート活動を展開。2001年生活経済研究所長野を設立。労働組合業界でライフサポート活動専門の実行援助コンサルタントとして全国で活動。現在、日本経済新聞等で執筆中。

●講師著書ご紹介 銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識 (日本語) 単行本 –

ログインするとコメントをすることができます